Mio treno - A che ora parte il prossimo treno?-

自分の持っている鉄道模型や大好きな近鉄を中心として話題展開しているブログです。

ムーンライトえちご 165系~真夏の夜の夢~

朝晩、少し涼しくなったかな。でも、夏は夜が明けるのがはやい。蝉の声と夏の強い日差しに目覚めることもしばしば。子供のころは、夏休みといえば、ラジオ体操、アサガオ、ヒマワリの観察日記、宿題、と色々あったけれど、大人になると、仕事で、夏休みへの期待感みたいなものは、あまりなくなった。


でも、夜が明けていく空を見上げると、何となくその期待感はよみがえってくる。夜行列車に揺られて目的地に近づくにつれて夜が明けていくというのは残念ながらあまり経験がない。(夜行バスというほうが今や多いかもしれない。)


なんとな~く(この単語を何回も使っているが)惹かれた169系、165系。検索しているうちに、見つけた、ムーンライトえちご。ロマンチックなネーミングだ。




青春18切符愛用者にもなじみの列車だったそうだ。座席もボックス席ではなく、リクライニングシートが設置されていたとかで、少しでも快適な旅の提供をとの心遣いを垣間見ることができる。M1編成はライトは小さい。でも、2003年には廃車されたらしい。それから15年もたってから、興味を持って調べている僕っていったい…?


ホワイトにイエロー、グレー、黄緑色とわりとカラフルな出で立ち。6両編成の製品があるけれど、3両編成で手軽に運転出来るということもあり、限定品のM1編成を購入。こちらはライトが小さい。う〜ん、いいですねぇ!



製品の発売はずっと前だから、何をいまさらって感じだけれど、感心を持った時が買い時なのかもしれない。


来月は、183系のム―ンライトえちごがやってくる。二種類のム―ンライトを並べて撮影できるのも模型ならでは。165系も地味ではあるけれど、カッコいいなと思う今日、このごろ。秋の足音が少しだけ聞こえそうだ。

アーバンライナーplus ~近鉄のKing~

やっと、来ました、アーバンライナーplus!



TNカプラー対応の限定品もあったけれど、3両の基本セットと、5両の増結セットを購入。5両セットの方のケースはちゃんと8両が収納できるようになっている。





実車のアーバンライナーもリニューアルされて"plus"となっているものの、デビューは30年も前。TOMIXのアーバンライナーの方も、初めての発売は30年も前。


ちょうどそのくらいに鉄道模型を始めた。その頃は、通販もなく、百貨店の鉄道模型売り場で定価で売っていた(消費税はなかったから今と比べると安いといえるけれど。)し、中学生の僕にはお小遣いで簡単に買えるものでもなかった。だから、誕生日とかお年玉をもらったときとか特別な時に、鉄道模型売り場に行って、どれを買うか時間をかけて購入したものだ。


その中でも、近鉄百貨店は思い出深い。初めて鉄道模型のセットを購入したのがこの場所。トミックスのブルートレイン客車ととEF66が入ったセットを買ったときは本当にうれしかった。その当時は学研にも鉄道模型があって(覚えている人、いるだろうか?)、学習のプレゼント応募コーナーに鉄道模型プレゼントが出ていて、何度も応募したけれど、なんせ、プレゼント枠は1人だったりしたから当たったことはなかった。だから、手に入れたトミックスのカタログは何度も何度も眺めては、この列車がいいな、とかこれが欲しいなとか、ため息をついたものだった。



その頃、近鉄百貨店の鉄道模型売り場に行くと、走り回っていたのが初代の製品のアーバンライナー。この列車は近鉄にとっても気合を入れた車種だったのだろう。模型売り場のジオラマを颯爽と駆け抜けていた。母親は、「アーバンライナー、買わないの?」って聞いたけれど、僕はあまり近鉄の魅力に気づいておらず、アーバンライナー自体を見ることもあまりなかったし、(大阪線沿線住まいではなかった。)、もっぱらJRの車両に心奪われていて、確かその時は485系(ボンネット型)を買ってもらった。


それから30年、手元にやってきたアーバンライナーplus。トミックスの広告も今回は、かなり派手だったし、今や近鉄好きなので、買わないわけにはいかないでしょ~。確かにかっこいい。なんといっても僕のお気に入りは、喫煙室に設けられた二段窓。これがいい!

下の画像は河内国分駅を通過中のアーバンライナーplus。これからも元気に活躍してください!


キハ82 900~まだまだ夏は続く~

最近、TOMIXから近鉄アーバンライナーplusが発売されて、その記事が多数みられる、ということはみなさんの期待が大きかったということかな?




僕も通販で注文したんだけれど、そのお店がお盆休みで、まだ手元に届いていない(早く手元に届かないなら通販の意味がないのでは…?と思いつつ他の方のブログを読んだりしている)。そんな中、KATOから発売されたキハ82 900。



KATOの広告を見るまでこの車種があることすら知らなかった。。キロ80からの改造車だそうで、小さい窓が並んでいるのが特徴。何気なく、KATOの広告を見ていて、「あッっ、なんかかっこいい~」と思ってしまい、近くの家電量販店で2両予約をした(実際も2両しか改造されなかったらしいが、KATOは車番も印刷済みなので同じ番号を2両つないででの運転になるけど、まあいいか。)またも変わり種の車種に心奪われる自分。


先日取りに行って、キハ80初期型も陳列棚に並んでいてそれも購入。キハ80(M)はすでに買っているから全部で4両で運転予定。トレインマークは無地だけれど、オホーツク、北斗の文字マークが付属しているから、オホーツクにしようかな。




昔、KATOのキハ82を買ったことがあった。20年くらい前はキハ181はTOMIX、KATOはキハ82を販売していて、どちらかといえばTOMIX派だった僕は、キハ82の何となく美しい車体に惹かれてKATOの模型を購入。確か、その当時はマークもシール対応、ライトも点灯しなかったような・・?そのころと比べると、格段に進歩、今回はライト点灯するぞ!!とうれしくてにっこり。






実車自体はすでに存在しないけれど、我が家では間違いなく、新車だ!今は、TOMIXのキハ82ひだと一緒に健在だ。